産後のガードル使用

産後の体系変化や維持に努力する経産婦の数は多いです。妊娠中は体型が変化することが多いです。妊娠することで身体は子供を育成することに適応しようと大きな変化を遂げるケースもあります。その変化の一つが腹部です。子宮内に子供を宿し、およそ三キロほどまで体内で育成します。羊水なども含めると相当の大きさと重さを抱えることになります。出産が終了した後にはその重みの多くは体外へと出されます。一年近くの年月をかけて大きく張った状態の皮膚が数時間で張りを無くします。そこで活躍するのがガードルです。皮膚のたるみや体型の乱れなどを整えて元の体型に近づけるサポートを産後のガードル着用は手助けします。また産前産後の腰痛などにも効果的なこともあります。

産後のガードル着用の大きな効果は体型戻しと腰痛対策と言えます。また最近の使い方のトレンドとしては、本人の状態に合わせて使うということが重要となります。出産の形や体型、傷の有無や状態などは一人一人違うことも多いからです。ガードル使用の時期や使用方法については出産した後に、病院の医師や助産師に相談をすることをおすすめします。商品についても硬さや使用時期などが違う商品などが販売されています。産後は忙しさを案じるケースもありますので、妊娠中に商品の検討や医師への相談や方針などを決めておくことも一つの手段といえます。夏季などはガードルを着用する時間を短く取り、体操などと併用するケースも多いです。骨盤を集中的にケアする商品も存在します。